床ずれについて

床ずれが発生する主な外的要因に「圧力」「ズレ」「ムレ」が挙げられます。
外側から圧力がかかると、皮膚と骨の間の皮膚組織が圧迫され血流が閉ざされ、わずか2~4時間という短い間に、初期症状へと発展してしまいます。

初期症状は一般的に皮膚表面の赤みとしてみられます。
その後、症状が悪化すると皮膚深部組織や筋組織にまでダメージが達します。
特に筋組織は「圧力」に弱く、そこに「ズレ」が起こるとさらに症状は悪化してしまいます。
さらに「ムレ」によって皮膚がふやけて弱くなっている状態で「圧力」「ズレ」等の外力がかかると、より床ずれを悪化させてしまいます。

床ずれカテゴリー

  • カテゴリⅠ
    消退しない発赤
  • カテゴリⅡ
    部分欠損または水疱
  • カテゴリⅢ
    全層皮膚欠損(脂肪層の露出)
  • カテゴリⅣ
    全層組織欠損

(引用:「Pressure Ulcer Prevention & Treatment」ヨーロッパ褥瘡諮問委員会/米国褥瘡諮問委員会)

床ずれ好発部位

床ずれは、骨を保護する皮膚が薄い体の接触局所に起こりやすいのが特徴です。

仰臥位

後頭部・肩甲骨・肘・仙骨・尾骨・踵

側臥位

耳・肩・大腿部・膝・踝

座位

肩甲骨・仙骨・尾骨・膝裏・踵

製品特徴

床ずれの外的要因「圧力」「ズレ」「ムレ」を対策

どなたでも適量の空気をいれられる「STOP UP (ストップアップ)」搭載

特許取得の「STOP UP (ストップアップ)」が、パチンと外れ適量をお知らせします。
このシステムにより、どなたが膨らませても同量の空気圧を入れることが出来、過剰/過小な空気圧による床ずれの悪化を防ぎます。
また特別な知識や技術も不要なので、在宅介護にも役立ちます。

アプリで学べる正しいケア

iPhone、iPad、Androidにて無料でダウンロードして頂けるアプリをご用意。
症状に合わせた製品の選び方や、製品概要をご覧いただけます。

アクセス先:
http://www/levabo.dk/apps.html

製品一覧

heel up 床ずれ予防と治療の両方に使用できるかかと用のポジショニングクッションです。

all up 座位および背中用のポジショニングクッションです。

付属品

お客様のお声

実際に、LEVABO(レバボ)を利用されたお客様からコメントをいただいています。

製品についてのお問い合わせはこちらまでお気軽にお問い合わせください。

pageup